移転祝いをスムーズに手配する方法

移転祝い|花の手配とビジネスマナー

事務所移転祝いに選ばれている人気の花

胡蝶蘭といえば「幸せを運ぶ」という花言葉であまりにも有名で、お祝いの場面でよく利用される花のひとつです。

 

移転の胡蝶蘭

 

移転祝いや昇進祝い、就任祝いといった際の祝い花としても人気が高いですが、花言葉や姿の美しさだけでなく、長持ちするという機能性の面でもコスパが高い花です。

 

花粉やにおいなども少ないので、手入れがしやすく、インテリアとして飾っておくには見栄えもいいため、祝い花として人気がある理由です。
また、一緒に立て札を立てて贈ることにより、もらう側も自社の力をアピールできますので、相乗効果でよりメリットは高くなります。

 

移転祝いのギフトとしては、胡蝶蘭の鉢植え花が一般的であり、ビジネスギフトの定番となっています。
手配方法で簡単なのが、商品を比べて検討しながら発注できるネットショップです。

 

花の画像や金額を見比べながらオーダーできるので、わざわざ注文しに出向かなくて済みます。
PCがなくてもスマホからでもその場でオーダーできるのは便利です。

 

格式のある贈答花として移転祝いに利用される胡蝶蘭の鉢植えですが、都心の花屋やデパートでは高額でとても買えない場合があります。
ところが、品質が良くて一万円で買える大輪胡蝶蘭が、インターネット通販で簡単に依頼することができます。

移転祝いの相場について

胡蝶蘭を移転祝いで贈る場合、値段の相場を把握しておく必要があります。

 

平均的な相場は1万円から5万円くらいとなっており、その間で相手との関係性などを考慮し、値段を決めていきましょう。

 

オフィスの移転祝いに贈る品の価格で迷ったときの参考相場価格表です。

 

通常の取引先 1万円台〜2万円台
重要な取引先 2万円台〜3万円台
顧客・VIP 3万円台〜10万円台

 

贈り先との関係の深さによって増減すると思いますが、他社に負けたくないなら3万円以上の予算で稟議するのがおすすめ。

 

お祝い金とは違い、いくらお金を使ったか相手に知られることもないので、安い金額で実際よりも高く見せることが工夫次第では可能になります。
特にインターネットを利用して胡蝶蘭を購入する場合、安い金額で立派な花を買うことができ、正確に届けてもらうことができます。

 

市場や卸業者を介さない産直価格のため、1万円台のものを選んでも、2〜3万円くらいの見栄えの良い花が贈れます。

 

もちろん、どのようなものを買ったらいいかわからないという場合は、花屋さんで買うという選択肢もあります。
実際にお店に行って、店員さんに相談しながら買い進めた方が安心できるので、いいかもしれません。
自分の目で確かめてから購入できるのも、花屋さんで購入する利点のひとつですね。

 

 

事務所移転祝いの花ギフトには、お祝いの札を熨斗として付けるのが慣習となっています。
移転の祝字は、花のタイプや大きさによって変わりますが、不明なときは花屋に任せるのがお勧めです。

移転祝いの花を買う際におすすめの通販

移転祝いを贈る場合、胡蝶蘭や観葉植物といった植物を贈る人が圧倒的に多く、移転が完了した業務開始日に合わせて届くように日時を指定することが大切です。

 

購入方法についても、祝い花は近くの花屋さんで購入するというのが今までの一般的な感覚ですが、最近では通販サイトも幅広く普及されています。

 

利用する人も増えており、各社の競争も激しく、サービスの質も上がってきています。

 

胡蝶蘭の種類も豊富ですので、どんどん利用しやすくなっています。

 

 

通販で購入すると、どうしてもトラブルが多いのではないかという懸念もあるかもしれませんが、お届け日が指定できたり、メッセージカードも添えられたりと、非常に便利になってきています。

 

最短日の配送は、東京都内23区に加えて大阪市内全域、福岡市は最短で当日発送もOKです。

 

品質が良く、値段が安く、至急で手配したいときに役立つ会社をランキングにしました。
一般的な金額が15000円の胡蝶蘭が、最安値の1万円で利用可能のコスパに優れた通販もありますので参考にして下さい。

 

 

プレミアガーデンの特徴

年間の受注実績は数万件超!

【配送エリア】
東京23区、大阪市、福岡市(即日配送)、全国(翌日配送)

産直仕入れの最高級胡蝶蘭が業界最安値で注文可能。

種類とカラーは通販で最も多いラインナップ。

午前中までのカード決済によるネット注文は都内23区、大阪市内に当日配送OK!

全ての花に安心の品質保証付

注文毎に5%のポイント付与。

ラッピング、立て札無料。

価格 9,000〜70,000円
評価 評価5
備考 スピード配送に対応、東京23区、大阪市、福岡市は即日配送OK(※午前中のネット注文限定)、翌日全国発送OK
 

 

 

幸福の胡蝶蘭の特徴

【配送エリア】

全国(翌日配送)



高品質な胡蝶蘭が産直価格でお得に注文できます。

法人後払い。

届けた花の画像がメールで確認できます。

全国へ翌日配送に対応。

ラッピング、立て札無料。

価格 6930〜円
評価 評価4.5
備考 本州・四国は送料無料。法人後払い対応。
 

 

 

HitoHanaの特徴

【配送エリア】

日本全国(翌日配送)、全エリア無料配送



世界らん展ブルーリボン賞(最高位)、農林水産大臣賞、金賞など数々の受賞歴を誇る名産地の胡蝶蘭。

「カード決済」「銀行振込(前払い)」「請求書払い(後払い)」に対応。

大手百貨店や有名生花店で販売中の最高品質の胡蝶蘭を新鮮&産直価格で贈れます。

札・メッセージ、ラッピングサービス、贈った蘭の画像メールを無料配信。

価格 10,000〜円
評価 評価4.5
備考 最短翌日の全国配送&送料完全無料
 

 

移転のお祝いに喜ばれる花

贈答用の胡蝶蘭や胡蝶蘭がなぜ人気があるかというと、お祝い品として縁起が良いことや、印象が強いのが選ばれる理由です。
色彩が鮮やかで心に残る記念の日となるように綺麗に演出してくれます。それができるのが、花や植物だと思います。

 

 

お祝いの胡蝶蘭などの届け日については、移転後の業務開始日当日中に届くようにすることが一般的なマナーです。
予め手配する日を予約しておけば配送日時の指定ができますが、急いで手配したいときなどは即日配達してくれる花屋が早くて助かりますよ。

 

事務所の移転のお祝いに贈る花で人気のものと言えば室内でも育てられてファンが多い胡蝶蘭です。
金額の違いで胡蝶蘭のボリュームは変わってきますが、安い通販の花屋を利用すれば、約半額近い値段でオーダーできます。

移転祝いのメッセージは基本的なマナーを確認

移転祝いに胡蝶蘭や観葉植物を贈る際、植物を贈るだけでなく立札メッセージを添えて贈るのが一般的と言われています。
インターネットの通販サイトでも、最近では立札を添えることが可能です。

 

移転の旨をメールで知った場合、メールで返信するのも一般的とされていますが、簡素にお祝いの気持ちを伝えることがポイントです。
あまり長文で返信をしても、かえって迷惑だと思われてしまう可能性があるので注意しましょう。
メッセージやお祝い品を贈る場合に重要なのがタイミングです。

 

お祝いが届くのが転居日当日では、バタバタしていることによりかえってマイナスになってしまう場合があります。
相手の状況を考えた上で、なるべく落ち着いているであろうタイミングを狙って贈るようにしましょう。
通販サイトではメッセージカードはパソコンでの入力が基本ですが、あえてメッセージカードをつけずに、直筆のカードを別途贈るという方法もあります。

 

直筆の方が、お祝いの気持ちが伝わりやすいという面ではメリットがあります。
これは個人間だけでなく法人間のやり取りについても同様です。

 

特にビジネスチャンスを掴みたい場合などは、直筆プラス色をつける等、印象に残るやり方を考えるのも効果的です。
贈るものに関しても、胡蝶蘭や観葉植物といった植物だけでなく、相手との関係性を考慮して柔軟に選ぶとよいでしょう。
ただし、ビジネスマナーはきちんと守るよう、心がける必要があります。

移転祝いにタブーの花の色は?

日頃お世話になっている会社が業務拡大などで移転をする場合、贈り物を贈ってお祝いします。
しかし何も考えずにプレゼントをすると、マナー違反になることもあります。
贈った相手が気分を害さないように、移転祝いのタブーについておさらいしておきましょう。

 

本社や事務所の移転祝いでは、花を贈るのが一般的です。
その理由は、いつまでも残るものではないので置き場所に困らないということが挙げられます。

 

移転祝いに品物を贈るのは何かと難しいので、移転祝いでは胡蝶蘭の鉢植えやフラワーアレンジメント、フラワースタンドといった花が贈られるのが一般的です。
華やかでお祝いにふさわしく誰にでも喜ばれる生花ですが、花を贈る際にもマナーがあります。
特に花の色や、花の種類に気をつけましょう。

 

花の色で敬遠されるのは赤色です。
品物と同様に火事や赤字を連想させる、赤でまとめたフラワーアレンジメントは敬遠されます。
コーポレートカラーや先方がリクエストした場合以外は避けたほうが無難です。

 

赤い花だけを贈るのではなく白やオレンジなどを加えて、花の色を調整しましょう。
花の色に関しては、白やピンクなどの爽やかな色が好まれます。

 

なかには絵画などのインテリア装飾品を贈るケースもあります。
しかし、壁にかける絵画や時計などは、壁に釘穴などを空けなければ飾れないので、テナントの場合は敬遠されます。

 

また、火事を連想させるライターなどもタブーです。
インテリア用品は好みもありますから、よほど相手の好みを熟知している場合でないと却って迷惑になることもあるので慎重に選びましょう。

 

事務所移転はこれから更なる飛躍を目指す、新たな一歩となります。花の色などマナーに気を配って、失礼のない贈り物を選びましょう。

参考サイトで移転祝い情報をチェック